FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・手術に強い保険

保険に入るにあたって、重要なこと。

それは、何が「不安」かということです。保険は安心を買うものです。
だから、その不安を打ち消すことができて初めて保険に入ったことに(安心に)なるのです。
保険だけ入っていれば、「なんとか」なると思っていたら、実は思っていたように補償されないなんてことになりかねません。

ここでは、まず皆さんが「不安」と思っている手術についてお話したいと思います。
もし手術になった場合、一度に大きな額の支払いになることは間違いありません。
愛するわが子同然のわんちゃん、猫ちゃんの安否の心配だけでなくお金の心配までしなくていけなくなります。
この手術費ですが、大きくわけて「手術費(技術料・麻酔料)」「入院費(注射や検査費用)」から成ります。
保険では別々の請求枠があり、それらには「限度額」が存在します。
この「限度額」が実際の費用と合っていないと、その保険は入っていて「安心」とは言えません。
たとえば10万円の手術費がかかったとします。

A保険は 補償率90%(自己負担率10%) で 限度額5万円
B保険は 補償率60%(自己負担率40%) で 限度額15万円 とします。

一見、補償率の高いA保険が有利に見えますが、限度額の存在により実際の支払うお金は 
A保険は 55000円 
B保険は 40000円 になります。

A保険のような極端な保険は存在しませんが、限度額には注意が必要です。

動物病院の世界では、土地・人件費の関係で都心の手術料が地方に比べて高くなります。
また設備がよく、スタッフが多い(人気)病院も費用が高いかもしれません。

都心では手術費補償限度額が20万円くらいあると「安心」かもしれませんね。

The ペット保険PRISM では手術に特化した保険 「手術・入院プラン」というものがあります。

申込書・資料請求はこちらから↓(無料)








スポンサーサイト
カテゴリ
保険に入ろう
盲導犬
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング
ランキング登録中
ブログランキング
ブログランキング
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。