FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険は何で選ぶ??

ずばり動物も医療保険に入るべきです。

動物の医療費はこの不景気にあって右肩上がりです。

飼い主からすれば、もしわが子同様にかわいがっている子が病気になればちゃんと診断・治療してあげたいものです。
それに応えるべく獣医さんもモノ言わぬ動物たちから情報を得ようとどうしても検査が増えてしまいます。

結果、下痢や嘔吐といった日常的にみられる症状でも5000円から10000円くらいの検査代金がかかってしまうこともめずらしくありません。


費用の面で、検査・治療を躊躇するようなことがあれば、もしもの時に後悔してもしきれません。

だから安心を買うために保険に入るべきだと思います。

その費用は決して「損」ではないのです。

では・・・保険を選ぶ基準は何でしょうか?

掛け金の安さ?健全性?給付金の高さ??

考え方はそれぞれですが、いくつかのポイントをご紹介したいと思います。


・かかりつけの動物病院に合わせる


当たり前ですが、保険(共済)の給付金は請求して初めて支払われます。
その請求方法は、動物病院の清算書(規定の項目は書いてもらう必要があります)、診断書などの書類を書いてもらい郵送するのが一般的です。しかし請求は「1ヶ月単位で」などと指定されることもあり、請求するのに整理が必要であったり、またその都度「診断書」の費用がかかることもあります。
結局、安い処置料の治療費は経費だけがかかり、請求することを諦めてしまうこともあります。
その点、かかりつけ病院が保険会社と提携していれば、保険証を提示するだけで窓口で給付金分が差し引かれて請求されます。手続きや診断書のコストが軽減されるため、保険(共済)がより簡単・便利に使えます。
※診断書の費用を負担してくれる会社もありますので、事前に確認するのも良いかもしれませんね。

・給付金率


給付金率の高さに比例して、保険料は上がります。
では、どうしたらいいか。私個人のオススメとしては、慢性疾患になりやすい小型犬は給付率の高い保険を選ぶことです。日々の支払いがだいぶ軽くなるでしょう。
そして慢性疾患より大きな手術が突然やってくることの多い大型犬は、給付率の低い方を選び、余ったお金をその子専用の貯金にします。
口座を作ってもいいし、SBI住友銀行などは目的別口座がひとつの口座の中にいくつも作れますのでそれを活用するのはいかがでしょうか。
もし不運にも大型犬の子が手術になった場合は、その貯金から治療費を補うという方法です。

・健全性

人間の保険・年金も保険会社の破綻で支払いが元本を割り込むなど、今の世の中なにが起こるかわかりません。
動物の保険は基本的に掛け捨てなので、保険会社が破綻すれば保険料の支払いと給付金が同時に止まるのであまり被害が少ないといえます。
しかし「年払い」や「特約 掛け金(健康でいられたら支払われる)」がある場合や慢性疾患になり他の保険会社に入れなくなってしまっている場合は被害があるかもしれません。
そういったことを避けるためにも、「破綻した場合はどうなるのか」ということまで明記しているところをオススメします。再保険などの対策がとられているかなど・・。
さらに経営状況を確認することも重要です。「掛け金収入」より「支払い保険金」が上回る赤字状態の保険会社があります。自転車操業的な経営になっていないか気をつけないと自分が加入した途端に・・・なんてこともありえます。


下記の2つのサイトから資料すると動物保険の資料がほぼ全て揃います。







スポンサーサイト
カテゴリ
保険に入ろう
盲導犬
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログランキング
ランキング登録中
ブログランキング
ブログランキング
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。